DIAMOND ROBOTS

DIAMOND ROBOTSの公式HP

編成や戦闘における作戦について~戦闘編~

私が課金勢に勝てると踏んでいるのにはちゃんとした「ワケ」があります。 それは「作戦を練る事」です。 そこの貴方は今「は?そんなのわかりきった事じゃん」と思いましたね? 違うんですよ クランを作るからには小隊で確実に勝てるように試行錯誤しなければならない。 各々が各々の利益獲得優先で行動してベーコン収穫して味方同士で争うなんて野良プレイでする事です。小隊でやってる奴はハッキリ言って「甘い」です。 自分の力を過信して各々が暴走する連携のできていない小隊は小隊じゃありません。 例えレベル1のグリフィンだろうと2人で連携を組めばレベル底上げのどんな機体にだって1人になら勝てます。この「差」は何処にあるのか。そう、「作戦」ですよ。わかってきましたか?

ここら辺で具体的な作戦をお教えしたいと思います。

まず、戦闘開始時に近くのビーコンがありますね。

取りに行きたいですよね?

よぉ~くわかりますが

中大型機は取りに行かずにみんなで中央ビーコンに向かってください。

小型機に近場のビーコンは任せてください。小型機はそこで援護射撃しつつビーコン守ってください。

ただじゃなくても動きの遅い中大型機には1秒でも惜しいです。

それではなぜ中大型機が中央ビーコンに目指すのか

それもなぜ「集団で」なのか

それは、皆さんも経験の通り中央ビーコンという場所は危険だからです。

1人で行けば確実にビーコンを取る前に蜂の巣にされます。

しかし集団で行けば「相手にとっての的が広がる」ので相手複数が1人だけを狙う事は無くなります。

そしてちらほらと物陰から撃つ相手に射撃しつつ中央ビーコンを確保する。

相手は焦りまね、はい。

中央ビーコンの次に行くのは相手陣営です。相手陣営のビーコンを取ります。

危ないんじゃないかって?

4人の集団で動くので先程言ったように例え相手が複数いても蜂の巣にはならない。

だからこんな事ができます。また、中大型機に限定したのも火力を考慮しての事です。

中大型機が集団でこっちに来たらビビりますよね?すぐに倒されちゃうから。

とは言え相手陣営に居座り続けたら味方もやられてきます。

その時に援護射撃をしていた小型機が相手陣営に赴いている味方集団の減りを補うのです。

そうして人員供給を続けて攻撃を続けます。相手に出てくる暇を与えません。

これぞ「攻めこそ最大の守り」と言えよう。

リスポーンした味方は小型機が元々援護射撃していた地点にて同じく援護をする。

また人員が減ったら援護から前線に赴く。

最初に中大型機 前線→リスポーン→援護射撃→前線 最初に小型機 援護射撃→前線→リスポーン→援護射撃

この繰り返しです。要はローテーション。決められた配置に人員供給を欠かさないのがカギです。

私の組織する軍ではこの流れを基本的に指揮していきたいです。

また、それに応じた機体編成も考慮すると確実に勝てるようになります。

それは「編成や戦闘における作戦について~編成編~」で説明します!

マップ説明

主にwrホームページを引用。 個人的見解も付属。 戦闘の理想の流れも説明。

SHENZHEN~都市~

このマップの原型は中国の実在する都市、深圳市の中央地区である。 民家や高層ビル等の建造物で埋め尽くされたマップで、隠れ場には困らないが、同時にビーコン奪取の難易度も高めている。また、ジャンプ機能のあるロボットが登れて、攻撃に有効活用できるポイントが複数用意されている。 両チームはマップの両端からバトルを開始する。それぞれのスタート地点付近に2つずつ、そしてマップ中央に1つのビーコンが配置されている。比較的低い建築物に囲まれており、両チーム共に到達しやすいが、それ故に最も重要なビーコン Ⓔ の付近が激戦区と化します。

このマップでは近・中距離武器が最も効果的。 スタート直後、マップ中央のビーコンⒺを機動力の高いロボットで占領すれば早い段階で優位にバトルを展開可能。 ビーコンⒺの占領後は建築物の陰に隠れ、ビーコンを守り切ろう。 戦闘中はマップ両翼と前方に注意。 建築物上の高いポジションをキープして有利に戦おう。

[BIG BOSSの見解]

このフィールドでは如何に中央ビーコンを取るかが鍵となる。ですが中央に1人で行くと蜂の巣にされてしまうのでそれが怖いのか微妙な地点で芋るプレイヤーが見られます。なので中央ビーコンをには3~4人で行きましょう。相手は隙間から狙撃してきますが3~4人で行けば返り討ちにできますし、的が増えるので蜂の巣にもされる心配がありません。また、大きな屋根を建造物がありますが、グリフィンなどはそこに乗って中央ビーコンを守りましょう。「制空権」を取った方が圧倒的に強いのは現実でも同じです。せっかくのアビリティを活かしましょう。

[作戦(開始拠点によって異なる)]

1 コサックやストーカーの小型に近場ビーコンであるBやDを任せてその次に近いAやCを中型が取る。 2中型と大型はそのまま中央ビーコンEを目指しつつ隠れている敵を撃つ。小型機はこの間は味方陣地の護衛のためその場をあまり離れずに中型達を援護射撃。 3中央ビーコンEを獲得後中型と大型はそのまま固まって動きながらにAやCを取る。この間に倒した相手は新機体でリスポーンしている筈なので、これが厄介ですが固まって動けばいける筈です。 4中型と大型は恐らくある程度ビーコンを取って倒すと自分たちの中にも倒される人が出てくるでしょう。なので敵陣地に赴いた味方の陣営に「人数の減り」が出てくるので、1人倒されたら小型の援護射撃についていた人はそちらに向かってください。それでその時リスポーンした人は小型の援護射撃していた場所にて後方射撃しながら待機。敵陣営の味方に減りが見えたら向かう。これを繰り返してください。

YAMANTAU~雪山基地~

ウラル山脈・ヤマンタウ頂上の、実在する地域がベースとなったマップ。 多数の橋が架かっており、見渡しの良いマップなので、隠れる場所は皆無と言える。 戦略上重要な位置付けのビーコン Ⓓ はマップ中央に配置されているため、主な攻防はこのビーコンを巡って行われる。

中央のビーコンに向かう前に、スタート地点付近の2つのビーコンを占領しよう。 ビーコン Ⓓ を囲む遮蔽物を上手く使ってこのポジションを死守しよう。 E/B間 と C/A間の橋を極力渡らせない様、努めよう。 機動力のあるロボットでサイドから敵側のビーコンを気づかれずに奪取してみよう。 マップ上の建築物の物陰に集中砲火から逃れる事も一手だろう。

[BIG BOSSの見解]

このエリアでのビーコンを4つ以上獲得するのは極めて困難です。なので無理に相手陣営に行かずに中央ビーコンであるDを取りに行き「ビーコン3つ」を確保しましょう。中央ビーコンのある地点は必ず激しい打ち合いになるので早いところ場所を確保して用意したいところです。

[作戦(開始拠点によって異なります)]

1AやE、BやCは開始直後に小型機に任せましょう。中大型機は中央ビーコンに3~4人で向かいます。 2真っ先に向かえばビーコン確保は可能だと思うのでその後は銃撃戦に備えてください。決して敵陣営に向かおうとなんて思わないでください。 3中央ビーコンを守る味方の中大型機に減りが見えたりしてきたら急いで小型機は応援に向かいましょう。戦力供給と的の拡散は重要です。これを繰り返しましょう。

SPRING FIELD~市街地~

乾ききった河原で二分されている、丘のあるマップ。各ビーコンは遮蔽物等で守られているため、略奪には並ならぬ努力を要する。 現段階ではSpringfield は唯一、三つの異なるレスポンス地点が設定されているマップのため、リスポンス地点によって戦況を大きく変化出来る。

激戦区から離れているビーコンを占領する事で戦況を有利に展開出来るのは、この広大なマップだから実現できるアプローチと言えるだろう。 マップ中心部は遮蔽物がほぼ無いので、ロボットにシールドを装備するのも手だろう。 長距離攻撃が行える武器が有効と言える。 このマップでは、2部隊が近・中距離攻撃隊、1隊が遠距離からのスナイピングサポートにまわる、3部隊に分断しての戦法が頻繁に適用される。 ビーコン奪取と守備を有利に行えるポジションを見つけよう。

[BIG BOSSの見解]

ここでは敵陣営側にあるEやC地点を狙いに行くのは自殺行為です。1人で取りに行くのはやめましょう。それとは反対に味方陣営側のEやCは相手に取りにくくもあるため必ず確保しましょう。問題はDです。ここは相手にとっても自分にとっても取りに行きづらいです。なぜなら、行く道がかなり開けていて銃撃戦は避けられないからです。なので集団行動は重要です。しかし、ここは一度取ってしまえば障害物も高低差もあるので銃撃戦には有利になりますね。ただし、やってしまいがちですがくれぐれも流れで相手陣営に行かないように。

[作戦(開始拠点によって異なります)]

1AやBといった間近なビーコンは取りたくなるものですがここは我慢して小型機にとってもらい守護は任せましょう。中大型機は2班に別れてそれぞれCかEとDを取りに行きます。CかEは1人でいいですがD確保班には3~4人は必要です。 2相手陣営の最深部にあるCやEを取りに行くのは困難です。「ビーコン3つ」を確保するためにもD確保班は確保後はそこで守ってください。 3体勢が崩れても同じ流れになります。

DEAD CITY~死都~

Dead City — 核戦争により壊滅された都市の廃墟を舞台としたマップ マップが対称的な為、両チームは戦闘開始時、均等な勝率が約束される。このマップでは遠・中・近全ての距離から行えるポジションを確保できる。街道は特に中・近距離戦に適している。リスポーン地点の近くにはスナイピングと銃火器での攻撃ポジションが設けられている。「ジャンプ」可能なロボットは全ての建物の上に登ることが可能。 常時変化し、緊張感のある戦闘が行える様に設定されている。攻・防どちらにも重点を置いた戦闘が可能。

マップ上のビーコン配置は対照的。敵の動きを先読みして行動を逆手に取ってみよう。 中央のビーコンはくぼみに配置されている。 格納庫にジャンプアビリティー付のロボットを追加して、建物の上から攻撃したり、敵陣の最深部に瞬時に移動してスナイパー等に攻撃を仕掛けよう。 マップ反対側にいる敵への攻撃には通りを使い、交差点ではリロードしよう。 破壊された陸橋上のビーコンⒷ と Ⓓ はスナイパーポジションとして利用出来る

[BIG BOSSの見解] ここは障害物が非常に多いために接近戦が多々見られます。しかし、敵陣営側のBやDに居座って芋るプレイヤーも見られるようなのですが基本的にコイツは見つけたとしても無視でお願いします。確かに遠くから「ばちゅんばちゅん」ウザいですが最終的に孤立した時何もできなくなるし、無駄に倒して接近戦の機体を出されたら面倒なので処理は最後にしましょう。AとC地点は取れる時にとればいいですが、問題はEです。考えもなくEに特攻しても当たって砕けて無事リスポーンなだけです。その意気はいいですが、勝手に死なれては困るのでやめましょう。中央ビーコンまでは常に「集団行動」です。

[作戦(開始拠点によって異なります)] 1最初にBやDを取りたいのはわかりますが小型機に任せましょう。1秒でも惜しいです。中大型機は中央ビーコンであるEに向かいましょう。 2小型機は次にAやCを確保に向かいましょう。恐らくここは単独行動になるため運転機体がコサックの場合は相手が見えたら逃げましょう。例えその時取れなくても逃げ延びて隙ができた時に奪い返してください。「少しでもダメージを残そう」だなんて発想はしないでください。「生き残る事」が重要です。 3Eにまっすぐ向かえばビーコン確保はいけるでしょう。そのまま集団行動で相手を殲滅してください。

CANYON~砂漠地帯~

キャニオンは、岩の砂漠地帯に放棄された鉱山です。リスポーンのシナリオが3つあります。 ビーコンの位置が対称であり、両チームに同等な条件でスタート出来ます。各スタートポイント付近に2か所ビーコンがあり、中央に1か所ビーコンがあります。中央のビーコン付近は最も激しい戦闘になる場所です。 キャニオンにはバトルに3つの特徴があるので、様々な武器や機体で戦えます。 — マップの端は視野が広くなるので長距離に最も良い場所になります。 — マップのいたるところに遮蔽物やオープンスペースがあります。これらは中距離型にとって最適な場所です。 — 最も激化する中央は橋の上下からビーコンを奪取することが出来ます。

ビーコンは、両チームが同じ条件の下でスタートするため、対称的に配置; 中央ビーコンを橋の下から奪取する可能; ジャンプ出来る機体は、迅速に移動できるため非常に便利; その上、敵を後ろから襲うことも出来る; このマップは全射程の武器に適しています; マップ周辺は狙撃するために便利な位置ですが、各所にオープンスペースがあるため反撃をするのに不便。

[BIG BOSSの見解] ここは非常に開けているので激戦が予想されます。単独行動はハッキリ言って瞬殺でしょう。なのでここは2班に別れての集団行動が生きてくるでしょう。郊外ビーコンを確保しに行く班と中央ビーコンを確保しに行く班です。小型機は郊外ビーコンを確保しましょう。中大型機は中央ビーコンに行きましょう。橋の下でもビーコン確保は可能なので隠れながらの銃撃戦になるでしょう。

[作戦(開始拠点によって異なります)] 市街地に被るので無し

PAWER PRANT~発電所~

「Powerplant」は、蒸発した海岸に放棄された発電所である。リスポーン地点は3つある。ビーコンの位置が非対称であるのため、奪い合いの戦闘がより激しくなる。 中央に遮蔽物が多数あり、近距離武器は最も有効になる。長距離武器を搭載している重ロボットにとって発電所の辺りにある広い高地は最適な場所である。

近距離と中距離は最も有効である; 中央に遮蔽物が多数ある; 有利に動く為に早い軽ロボットを利用しよう; ステージの周辺はオープンスペースなので、直撃を受けやすいである; 発電所の周りにある丘は狙撃するために便利な位置である。

[BIG BOSSの見解] 味方陣地のビーコン確保は簡単です。中央ビーコンはありませんが中央に並びABCとビーコンが置かれています。取りに行くのはAとBかCという形になりますので開始地点によって変わってきますね。建造物が多いので接近戦になる事が多いので2人以上での行動に心がけましょう。

[作戦(開始拠点によって異なります)] 死都に被るので無し

DIAMOND ROBOTS

ごきげんよう皆さん。

此処は日本人限定の歩行機兵軍(クラン)である。

私は本軍の総帥を務めるBIG BOSSと申します。
課金勢や外国勢など様々な勢力が現在のクランの上位を占めています。

しかし、私に言わせればそんな事は問題じゃない。
目標は無論、クランランキング1位です。

これを達成する為の作戦も既に考えてあります。

私が本クランを発足させた理由は他にもあります。

私は「war robots」は今後もっと人気が出ると予測している。

その来るべき日の為に未来のwrの環境のトップに駆けるスター達を生み出したい。

そして、本部隊を「日本最強」いや、「世界最強」の地位に築き上げたい。

そのためにも私の出すレパートリー溢れる編成指揮と作戦を君達に遂行してもらわないといけない。

中国をはじめとするアメリカやドイツなどの強豪がひしめく今の環境。

道のりは近くは無いだろう。だが目標はそこにある。

君も私達と一緒に世界を目指さないか?

 

入隊条件としては
壱「機体スロットを4つ以上解放している事」
弐「GP機体かWP機体などの特殊機体を1つ以上所持している事」
参「レベル20以上に達している事」
主にこの3つである。

 

除隊条件としては
壱「作戦に背く著しい荒らし行為」
弐「芋行為しか戦闘でしない」
参「小隊に長い期間参加しない」
主にこの3つである。

 

なお、Twitterやlobiでの広報活動及び情報共有なども行っているのでそちらの方もご確認願いたい。